栄養管理室

入院患者さんへ、病態に合わせた食事提供を含む栄養管理を行っています。
また、入院・外来患者さんの栄養や食事に関する相談も受けつけています。
困ったことがありましたらお気軽にご相談ください。

給食管理

安心・安全で、患者さんに満足していただける食事の提供を目指し、徹底した衛生管理のもと、衛生教育にも積極的に取り組んでいます。
また、食物アレルギーや嚥下機能に問題のある患者さんにもおいしく食べていただけるように、十分な対策を立て、美味しい給食の提供を目指しています。

栄養指導

患者さんへ食生活のサポートをしています。
管理栄養士が、食生活や生活習慣を無理なく改善できるように、患者さんに寄り添った支援を目指しています。
食事指導ご希望の方は、医師または看護師へお声がけください。
図1

減塩の話

塩分を摂りすぎると、体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ心臓に負担をかける原因になるため、塩分摂取量を控えることが大事です。しかし、日本人にとって減塩はとても難しく大きな課題です。
塩分の多い食品と料理を控え、自炊の機会を増やして塩分コントロールを心がけることで、スムーズな減塩が行えます。減塩のコツを紹介するので家で実践してみましょう。むくみ改善にもつながります。

~今日からできる減塩の取り組み~

1. めん類の汁は全部飲まない
めん類の汁には、塩分が4~5g含まれていますが、汁を全部残すと半分量程度減塩できます。
2. 漬物、加工食品は控えめに
3. 汁物は1日1杯までに
汁物(みそ汁、スープなど)は、薄味にしても沢山飲むと塩分の取りすぎになります。
みそ汁は1日1杯にしましょう。また、具沢山にして汁の量を少なめにしましょう。
4. 酸味や香辛料を上手に使う
5. かけ醤油よりつけ醤油を