当院について

御殿山カンファレンス

医療関係者の皆様との医療連携・親睦を深めることを目的に年一回開催いたしております。近隣の医療施設様や救急隊の方々をお招きし、基調講演、および懇親会を行っております。

  • 御殿山カンファレンス
  • 御殿山カンファレンス

当院の医師や外部から医師をお招きし、
心臓疾患に関わりのあるテーマで
講演を行っております。

  • 磯村
  • 2016年5月には、当院副院長の磯村医師による講演を開催。「心筋症に対する左室形成術」をテーマに、Batista手術とDor手術の改良型である「PRP」と「SAVE」について講演いたしました。

  • 田中
  • 2017年5月には久留米大学の田中先生をお招きし、「心臓外科の現況と将来」をテーマに、虚血性心疾患と弁膜症の治療選択を主軸にお話しいただきました。

過去の開催実績

第9回
「循環器診療を変える冠動脈CT:その特徴と留意点」

林 宏光先生(日本医科大学放射線医学 准教授)

第10回
「虚血性心筋症に対する左室形成術 -Batista手術の改良とDor手術の改良-」

磯村 正(大崎病院 東京ハートセンター 副院長)
「心房細動 カテーテル治療の最前線 -高周波Hot Balloon アブレーションの実際-」
曽原 寛(大崎病院 東京ハートセンター 不整脈センター センター長)

第11回
「心臓外科の現況と将来 -症例の高齢化と難症例へのChallenge-」

田中 啓之先生(久留米大学 外科学講座 主任教授)

第12回
「ステントグラフトによる治療の進歩と現状」

廣田 真規(大崎病院 東京ハートセンター 心臓血管外科 部長)
「新しい心房細動治療の幕開け」
仲村 佳典(大崎病院 東京ハートセンター 不整脈センター 医長)

※肩書は当時のものとなっております。