診療科・部門紹介

臨床工学室

患者様と医療機器との架け橋となる技術者

人工心肺装置や透析装置、人工呼吸器等、日進月歩する最先端医療に医療機器は欠かせないものとなっています。そのため、医師の指示のもと医療機器(生命維持管理装置)を専門的に扱うことを生業としているのが臨床工学技士(ME:Medical EngineerまたはCE:Clinical Engineer)です。臨床工学技士は、臨床工学技士法により1988年より厚生労働大臣認定された国家資格です。 私たち臨床工学技士は、医学と工学の双方を用いて患者様と医療機器との架け橋となる技術者であり、私たちが使用する医療機器はどれも患者様の生命に直結するものです。そのため、各種医療機器の操作方法・特性・作用・効果に深い理解と知識が必要となります。 私たちは国家資格の他にセミナー受講や認定試験など積極的に受講し、日々新しい情報を得ております。

当院では主に下記の業務を行っています。

  • ・手術室業務

  • ・カテーテル室業務

  • ・植え込み型デバイス関連業務

  • ・血液浄化療法業務

  • ・集中治療室業務

  • ・機器管理、保守点検業務

手術室業務(人工心肺装置)

  • 血液回路を介して生体と機械側とを連結し生体内の血液を体外に誘導し、再び体内に灌流することを体外循環といいます。 人工心肺装置は、心臓手術中の心臓ポンプ機能を代行し、全身の血液灌流を行い、肺の機能代行としてガス交換(血液の酸素加・脱炭酸ガス)を行うことで、全身の代謝・循環を管理します。また、心筋保護液という薬液を心臓に灌流させ、心臓を一時的に休ませることで、より安全に心臓手術を行うことができるようになります。また手術に際して、切開に伴う出血を回収することで、無血視野を確保することができ、輸血量の削減にも貢献しています。また、手術室には人工心肺装置の他にもたくさんのME機器があり、それらを操作・管理しています。当院は2台の人工心肺装置を有しており、体外循環技術認定士も多数在籍しております。

  • 手術室業務(人工心肺装置)

カテーテル室業務

  • 心臓カテーテル検査、虚血性疾患における心臓・下肢のカテーテルインターベンションでは、ポリグラフを操作し、心電図や心内圧、生体情報のモニタリング・記録・解析・データ管理等を行います。また、検査や治療に用いる器材等の管理も行っております。必要に応じて、冠血流予備量比(FFR)・血管内超音波診断(IVUS)・光干渉断層診断(OFDI)、ロータブレータ・エキシマレーザの操作をはじめ、IABP・PCPS等の補助循環装置の操作及び保守・管理も行います。 また、不整脈領域では3Dマッピング装置(Ensite Velocity®・CARTO UNIVU®・RHYTHMIATM)やラボシステムによる心内心電図の解析を行いながら、アブレータやスティムレータなどの装置を操作し、カテーテルアブレーション治療に参加しております。当院はホットバルーンやクライオバルーンなどのバルーンテクノロジーを用いたアブレーションも積極的に行っており、それらの装置も操作・管理しております。また、植え込み型デバイス(ペースメーカ・ICD・S-ICD・CRT-D・CRT-P・ICM)の植え込み手術にも携わっております。

  • カテーテル室業務

植え込み型デバイス関連業務

  • 植え込み型デバイスを使用している患者様に対し、各デバイスの作動状況や電池寿命などをチェックしております。植え込み可能な全てのジェネレータに対応可能です。また、当院では条件付きMRI撮像可能なペースメーカの植え込みも行っており、各社デバイスの患者管理システム(遠隔モニタリングシステム)の管理も行っております。不整脈関連専門臨床工学技士も在籍しています。

  • 植え込み型デバイス関連業務

血液浄化療法業務

  • 腎不全の患者様に対し、血液透析・血液透析濾過を行っています。当院には透析技術認定士も在籍しており、透析装置の保守・管理や水質の管理も行っており、より安楽で快適な血液透析を行うことを目標としています。また、手術中でも患者様の負担を最低限に抑えられるよう術中透析も行っており、手術後、必要であれば持続緩徐式血液透析濾過(CHDF)も行っております。また、血液・血漿吸着療法や血漿交換療法等の各種急性血液浄化療法にも対応が可能です。

  • 血液浄化療法業務

集中治療室業務

集中治療室は手術後や重症患者様の治療が行われ、数多くの生命維持管理装置が使用されています。人工呼吸器、補助循環装置(PCPS・IABP)、血液浄化療法装置など多数の機器のセットアップから操作及び保守・点検を行い、より迅速で安全な治療が行えるよう努めています。当院には呼吸療法認定士も在籍しております。

機器管理、保守点検

  • 人工呼吸器、除細動器、患者監視装置、輸液・シリンジポンプなど病院内の医療機器はME室にて管理を行っています。これらのME機器は、患者様使用後ME室で終業点検や定期点検を行い、必要時にはいつでも安全にその装置の性能を十分発揮できるように点検・修理・調整しています。また院内の各部署に常時配置されている除細動器や体外式ペースメーカなどや使用中のPCPS、IABP、CHDFなどは、担当の臨床工学技士が使用場所にて操作・保守・管理を行っています。

  • 機器管理、保守点検