診療科・部門紹介

心臓血管外科

  • 心臓血管外科
  • 心臓血管外科
「患者様を知る」ことを大切にし、安心して手術に臨んでいただけるよう情報を共有します。心臓のスペシャリストが集結した高度な医療機関です。単独手術はもちろん、複雑な手術や重症困難な症例に対しての手術を行える環境を整えております。 「患者様を知る」ことを大切にし、安心して手術に臨んでいただけるよう情報を共有します。心臓のスペシャリストが集結した高度な医療機関です。単独手術はもちろん、複雑な手術や重症困難な症例に対しての手術を行える環境を整えております。

医師紹介

  • 遠藤 真弘

    理事長

    遠藤 真弘

  • 磯村 正

    副院長

    磯村 正

  • 廣田 真規

    心臓血管外科部長

    廣田 真規

  • 宮﨑 卓也

    心臓血管外科医長

    宮﨑 卓也

  • 吉田 稔

    心臓血管外科医長

    吉田 稔

  • 依田 真隆

    依田 真隆

  • 南 和友

    心臓血管外科医 顧問

    南 和友

心臓血管外科からのお知らせはこちら

理事長

遠藤 真弘
(えんどう まさひろ)

遠藤

■認定・資格

  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本心臓血管学会・専門医
  • 日本循環器学会・専門医
  • 身体障害者・認定医

■略歴

  • 1966年
    日本大学医学部卒
  • 1967年
    インターン終了
  • 1967年
    東京女子医大・心臓血圧研究所に入局
  • 1971年
    東京女子医大・大学院卒・医学博士
  • 1973年
    講師
  • 1981年
    准教授
  • 1989年
    教授
  • 2006年
    東京女子医大・名誉教授
  • 2006年
    大崎病院 東京ハートセンター理事長就任 現在に至る

1967年、心臓外科の開祖である東京女子医大の榊原 仟教授の門下生にして頂いた。
榊原教授から、三つの命題を頂きました。
①選択的冠状動脈造影法の確立
②当時、虚血性心疾患の手術は、細々と、Vineberg手術のみでしたが、虚血性心疾患を確立せよ。
③冠動脈のアテローマを特殊な液体を開発し、アテローマを溶かす手段を考案せよ。
この三つの命題を頭に刻み、日々、努力しました。

①は、1973年に、日本初の「選択的冠状動脈造影法」の本を南江堂から出版。
この方法で、異型狭心症の多くが、造影上、有意狭窄が無いことを報告した( Circulation 1975年)br
異型狭心症の造影検査時、メサコリンを投与すると、痙攣( spasm)が生じ、完全閉塞が生じることが、
再現性をもって生じることが解りました。
世界で初めての誘発試験を報告( New Eng L Med 1976年)。

②は、1970年2月、日大の瀬在教授が自己大腿動脈を使用した冠動脈バイパスに成功。
同年6月、女子医大で、林 久恵教授と共に、内胸動脈を使用した冠動脈バイパスに成功。
同年9月、神戸大学・麻田教授が大伏在静脈を使用した冠動脈バイパスに成功。
それ以来、私は3,600例の冠動脈バイパスを施行してきた。
1995年、本邦初のMIDCAB( 小切開、人工心肺せず)、右大網動脈―右冠動脈バイパスに成功。
In situ(生きている)3本の動脈グラフト(両側の内胸動脈と右胃大網動脈)を用いた冠動脈バイパスの長期成績が
良好と報告( Circulation 2001年)。
1本の内胸動脈と大伏在静脈と組み合わせた冠動脈バイパスに比べ、2本の内胸動脈を用いた冠動脈バイパスの方
が、長期成績が良好と報告( Circulation 2001年9月)

③は、アテロームを溶かす液体としてトルエン等があるが、心筋障害を強く、とても臨床応用は出来ない。現在、まだ成功していない。
それに代わって、私が手術したスイス人が、スイス・チューリッヒ大学の、 グリンチッヒ教授が開発したPTCA用バルーン( 冠動脈拡張風船)をいただいた。1980年12月に、日本で初のPTCAに成功。
1976年、急性心筋梗塞の症例に、緊急造影をしたところ、右冠動脈が完全閉塞していた。
閉塞部位をガイドワイヤーで、ブラッシングとポッキングしたところ、再灌流に成功した。1979年のレントロップ先生の発表より3年早かった。

■その他


  • 第3代 日本冠疾患学会理事長

  • 第7回 日本心血管形成術研究会・会長

  • 第4回 日本冠疾患学会・会長

  • 第5回 日本冠動脈外科学会・会長

■特許


  • 特許第270115号(一時的ペーシング機構付排液ドレーン)

  • 実用新案第2016949号(体液あるいは補液の流量装置)

  • 実用新案第260086号(カテーテルシース止血用栓)

■賞


  • 1971年 日本医師会医学助成賞

  • 1995年 第25回成人病研究助成賞

  • 2002年 第50回 日本心臓病学会 外科部門最優秀論文賞

■論文・著書


  • 自著・筆頭論文 290編(英文 49編)

  • 共著論文 899編

  • 単著3冊、 共著 126冊

■手術・術者

東京女子医大在任中に 4,100例(冠動脈バイパス3,600例)

閉じる

副院長

磯村 正
(いそむら ただし)

磯村

■認定・資格

  • 日本胸部外科学会指導医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本外科学会指導医
  • 日本心臓血管外科学会専門医
  • Society of Thoracic Surgeons (USA) 1992~
  • The European Association for Cardio-Thoracic Surgery 1998~
  • American Association for Thoracic Surgery (USA) 2008~ メンバー

■学会

  • 日本外科学会 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本冠動脈外科学会
  • 日本冠疾患学会(名誉会員) 他

■その他・著書

  • 治せない心臓はない 講談社 2009年6月
  • 磯村心臓血管外科手術書 南江堂 2015年1月
  • 心臓弁形成手術書[スペシャリストのコツ,技とキレ] 南江堂 2017年9月

患者様へのメッセージ

確かな技術とスタッフ間の風通しの良さが東京ハートセンターの何よりの魅力だと考えています。
7000症例近い手術経験をもとに、あらゆる情報を皆様と共有していきます。
医療技術が進んだ現在,心臓血管外科手術は、しっかりしたチーム体制で行えば、多くの場合、安全に確実に施行することができます。しかし、患者様の多くは手術が初めての経験であり、まして心臓手術となると多くの不安をもたれて望まれます。そのため、私は30年以上7000例近い手術経験をもとに手術の適応、具体的な手術法や、リスク、手術をした場合、あるいはしなかった場合の予後などを十分に説明するように心がけています。心臓血管外科手術は、技術はもちろんですが、患者様の元気になりたいという気持ちが大切で、そのためには「患者様を知る」ことが大切だと思っています。そのため、患者様との対話が常に重要です。情報を正しく共有することで患者様が安心して手術に望んでいただけると思います。
東京ハートセンターは心臓のスペシャリストが集結した高度の医療機関です。単独手術はもちろん、複雑な手術や、重症困難な症例に対しての手術も行える環境を有しています。また、他の病院で手術が必要と判断され、手術についての不安を感じる方たちへのセカンドオピニオン、緊急手術体制も充実しています。スタッフ同士の”風通し”がよく、患者様の情報を皆で共有しながら、お互いに技術の向上を行い、外科医として働き甲斐を感じています。勉強熱心な若い先生方や、多くの専門スタッフからの的確な意見から学ぶことも多く、患者様にとって安心して治療を受けて頂けるチーム医療が行える環境を作っています。 また、当センターは心臓血管の専門病院ですが、患者様の最適なQOL(クオリティオブライフ=生活の質)の向上を考え、心臓血管以外の臓器の疾患に対しては近隣の専門医療機関との協力体制を密にしています。こうした医療協力体制が整うことで心臓血管手術に際してのリスクを軽減することが可能で、患者様にとってもより良い医療を提供出来ると考えています。

閉じる

心臓血管外科部長

廣田 真規
(ひろた まさのり)

廣田

■認定・資格

  • 日本心臓血管外科学会認定 修練指導者(終身認定)
  • 日本外科学会指導医
  • 日本循環器学会専門医
  • 胸部ステントグラフト指導医
  • 腹部ステントグラフト指導医
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術 実施医

■略歴

  • 岡山大学医学部卒
  • 町田市民病院 心臓血管外科部長を経て現職。

閉じる

心臓血管外科 医長

宮﨑 卓也
(みやざき たくや)

宮﨑

■専門分野

  • 低侵襲手術一般 ( minimally invasive cardiac surgery )
  • 成人心臓血管疾患 ( adult cardiovascular diseases )

■認定・資格

  • 日本外科学会専門医
    ( Board Certified Fellow of the Japanese society of General Surgery )
  • 日本心臓血管外科専門医
    ( Board Certified Fellow of the Japanese society of Cardiovascular )
  • 胸部ステントグラフト実施医
    ( board certified member of the Japanese committee for thoracic stentgraft )
  • 腹部ステントグラフト指導医
    ( board certified member of the Japanese committee for abdominal stentgraft )
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術実施医
    ( board certified member of the Japanese committee for endovenous laser treatment -JEVLT )

■略歴


  • 順天堂大学医学部卒業
  • 2004年
    順天堂大学医学部付属静岡病院 初期研修
  • 2006年
    東京都立墨東病院後期研修 外科シニアレジデント
  • 2009年
    イムス葛飾ハートセンター 心臓血管外科
  • 2012年4月
    現職

患者様へのメッセージ

患者様が手術を受けることが怖く感じるように、手術をする方もとても怖いです。
その恐怖を克服するために何度でも、何度でも試行します。
本当に喜んで頂ける結果こそが私たちに求められている事だと思います。
そんな”ストーリー”を患者と伴に共有して行きたいと思います。

Just as Patients are scared of receiving the surgery, So Surgeons are scared of performing that.
Therefore we must think carefully again and again and again, to overcome the fear.
We realize that the result that patients are really pleased is what is required of us.
We hope for sharing such a crucial “STORY” with patients from the bottom of our heart.

閉じる

心臓血管外科 医長

吉田 稔
(よしだ みのる)

吉田

■認定・資格

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 心臓血管外科専門医
  • 日本脈管学会 脈管専門医
  • 腹部ステントグラフト実施医
  • 胸部ステントグラフト実施医
  • 日本血管学会 血管内治療医
  • 血管内レーザー焼灼術実施医

■略歴

  • 2005年
    和歌山県立医科大学 医学部卒業
  • 2008年
    和歌山県立医科大学附属病院 入局(外科学第一講座)
  • 2009年
    済生会和歌山病院 外科
  • 2010年
    和歌山県立医科大学 救急・集中治療部助教
  • 2011年
    和歌山県立医科大学 第一外科助教
  • 2012年
    橋本市民病院 心臓血管外科
  • 2014年
    葉山ハートセンター 心臓血管外科
  • 2015年
    横須賀共済病院 心臓血管外科
  • 2016年
    現職

患者様へのメッセージ

ホームページをご覧の皆様、初めまして。吉田稔と申します。
東京の高校を卒業後、和歌山県立医科大学へと入学し、以後和歌山の地で医師としての修行を行い、2014年よりTeam磯村先生の一員として行動を共にしています。
東京ハートセンターは心臓血管に特化した専門の病院であるので、スタッフ一同非常に意識の高い集団であるとともに、総合病院とは異なる小回りの良さやフットワークの軽さが非常に際立った病院であると感じています。
心臓手術、血管の手術および低侵襲手術、ステントグラフトでの治療、重症心不全の外科手術と、治療は多岐にわたり対応可能となっており、北は北海道、南は沖縄から飛行機に乗って来られる方も数多くいらっしゃいます。
病気の状態、背景、住んでいる土地が全く異なり、今の時代においては一人一人の方に合わせた治療が望まれており、当院においては専門病院ならではのチームワークにより入院から退院後までの全期間においてのサポートを行っています。
また、地域連携室を中心とした地域の病院との連携も非常に大事にしており、術後安定されている方には地元の先生との連携を取りながらフォローをさせて頂いています。
昨今、心臓病についてもテレビ等で様々な情報があふれており、多くの心配事を抱えた方からも外来にて相談を受ける機会が増えたと思います。
心臓、血管のご病気で心配な際にはお気軽にご相談いただければと思います。

閉じる

心臓血管外科

依田 真隆
(よだ まさたか)

依田

■認定・資格

  • 医学博士
  • 臨床研修指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 心臓血管外科専門医
  • 心臓血管外科専門医認定機構 修練指導医
  • 心臓リハビリテーション指導士
  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • 腹部ステントグラフト実施医
  • 血管内レーザー焼灼術指導医

■略歴

  • 産業医科大学医学部卒
  • 北関東循環器病院を経て現職。

患者様へのメッセージ

1998年 産業医科大学を卒業し、卒後3年目にドイツに渡りバードユーンハウゼン心臓センターで現・当院顧問の南和友教授の元、4年間にわたって日本では経験する事の少ない心臓移植、人工心臓植込術を含む多くの症例を経験してきました。帰国後は国内の様々な施設で研修し最高の医療を提供できるように日々鍛錬しております。
患者さんに安心して治療を受けてもらうためにチーム一丸となって診療にあたります。

閉じる

心臓血管外科医顧問

南 和友
(みなみ かずとも)

南

■専門分野

胸部・心臓・血管外科、人工心臓、心臓移植

■認定・資格

【海外】

  • ドイツ外科/専門医
  • ドイツ胸部・心臓・血管外科/専門医
  • ドイツボッフム大学 ハビリタチオン(Dr. med. Habil.)
  • ドイツボッフム大学 永代教授(Professor Dr. med.)
  • ヨーロッパ心臓血管外科学会/ 認定医(EACTS)
  • アジア心臓血管外科国際学会/会員

【国内】

  • 日本心臓血管外科学会/専門医、指導医
  • 日本外科学会/専門医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医

■略歴

  • 1974年
    京都府立医科大学卒業
  • 1976年
    ドイツ国費留学生(DAAD)としてデュッセルドルフ大学に留学
  • 1977年
    デュッセルドルフ大学病院 胸部・心臓・血管外科入局(助手)
  • 1980年
    デュッセルドルフ大学病院 医学博士号 取得
  • 1981年
    デュッセルドルフ大学病院 胸部・心臓・血管外科(講師)
  • 1984年
    バードユーンハウゼン心臓・糖尿病センターを創設(主席外科医、副施設長)
  • 1989年
    同センターのボッフム大学病院昇格で臨床教授 就任
  • 1998年
    ハビリタチオン(ボッフム大学 教授資格 取得)
  • 2004年
    ボッフム大学 永代教授
  • 2005年
    日本大学医学部教授/日本大学大学院総合科学研究科教授
  • 2010年
    医療法人北関東循環器病院 病院長
  • 2016年
    現職

(客員講師・教授)

  • 埼玉医科大学第1外科客員教授(1994年~2007年)
  • 東京女子医科大学心臓血管研究所客員教授(1996年~2002年)
  • 日本大学医学部客員教授(2000年~2005年)
  • 横浜桐蔭大学医用工学部客員教授(2002年~2005年)
  • 群馬大学客員教授(2014年~2017年)
  • 富山大学客員教授(2014年~)

(病院顧問・スーパーバイザー)

  • 熊本赤十字病院(2008年~2013年)
  • 社会医療法人杏嶺会一宮西病院(2012年~2016年)
  • 医療法人社団 冠心会 大崎病院 東京ハートセンター(2016年3月~)

患者様へのメッセージ

1974年に京都府立医科大学を卒業後、修練医として一般外科、腎臓移植外科、乳腺外科、そして心臓・血管外科と多分野にわたった外科の基礎を学びました。
修練医の2年目(1975年)にドイツの国費留学奨学金制度DAADに応募し、翌年デュッセルドルフ大学に留学しました。一年の留学期間が終わる頃、同大学の胸部心臓血管外科に入局が叶い研修医、助手として多くの手術をする機会を得ました。そこで『医療の質は治療経験の数から作られる』というドイツ医療の根源を体験することができました。
1984年に州立バードユーンハウゼン心臓・糖尿病センターが開設される事となり、デュッセルドルフ大学病院のケルファー教授が選考されました。私がケルファー教授に次ぐ主席外科医としてその心臓センターを立ち上げに参加出来たというのは幸運な事でした。
開設2年後にはドイツ最大の年間2,500例の心臓手術が行われ、州の計画の年間1,000例手術をはるかに凌ぐ結果となりました。患者さんは州を越えて各地から集まり5年後にはヨーロッパ1位の3,000例、15年後には世界最大の年間5,500例の手術数を超えるまでになりました。1989年にはこの心臓センターが心臓移植の認定施設となり移植手術も積極的に取り組み出し、その数も年々増え、私がドイツを去る2005年までに1,500例の心臓移植、肺移植が行われました。またそれと並行して補助人工心臓の植え込み術も年々数多く行われ10種類以上の新しい人工心臓の開発、認可で世界をリードし、同年までには1,200人の患者に植え込み術が実施されました。私が今までに執刀した心臓、胸部、大血管、肺手術は20,000例に及んでいます。
その心臓病センターは1989年にはボッフム大学病院として認定され、学生の講義、臨床実習も行い、リサーチ面での活動、学術論文等の実績も多くあり国内外での学会を数回開催してきました。世界中から多くの見学者、研修医師が訪問する中で日本からも20数名の循環器内科、外科医が2-4年間の臨床研修プログラムに参加されました。
2005年には東京に大規模な大学付属心臓センターを作る構想が浮上し、私にそこの教授兼センター長を担ってもらえないかとの依頼がありました。ケルファー教授と二人三脚で作り上げてきた世界に冠たる心臓センターを去るのは苦渋の選択でしたが、私に残された現役生活の中で日本の若手心臓外科医の育成に少しでも貢献できればとの思いで決心をしました。しかし、残念ながら予定されていた心臓センターは設立に至らずに終ったため、5年後には大学病院の心臓血管外科教授の職を辞する事としました。
2010年4月より群馬県渋川市にある北関東循環器病院に院長として赴任しました。心臓血管病を患う患者さんのニーズに応えるべく地域を超えた治療に当たり、若手医師の育成にも力を注ぎました。また、要請があれば日本中の他の病院にも出かけ手術指導に当たっています。
この度、敬愛する遠藤真弘理事長のお誘いがあり大崎病院 東京ハートセンターでお手伝いさせていただくことになりました。ドイツで30年、日本で10年間に習得した経験を生かし心臓病を患われている方々に少しでもお役にたてれば幸いに思います。

私の好きな名言:報われない努力はない!

■手術

これまでに執刀した主な心臓・血管・肺手術件数

心筋血行再建
(バイパス)術
8,660例
心臓弁手術 3,880例
先天性心疾患
(小児、成人)
900例
大動脈外科
(オープンステントを含む)
680例
肥大型閉塞性心筋症
(HOCM)
420例
冠動脈と頸動脈の
同時血行再建術
440例
左室形成術
(Dor術)
380例
心臓移植、心肺同時移植、
肺移植
520例
補助人工心臓装着 190例
胸部外科
(肺切除、縦隔腫瘍)
1,080例
不整脈の外科的療法 1,570例

■その他

(学会会長)


  • テキストリスト

  • 第2回日独中ジョイントミーテイング(2006年、東京)

  • 第142回日本胸部外科関東甲信越地方会(2007年、東京)

  • 第22回冠疾患病学会(2008年、東京)

(論文・講演・メディア)

国内外主要学術誌に600編以上の論文を発表。また、国内外での学会発表は550回を超え、
特別講演及びメディアでも活躍。テレビの主要番組では、TBSテレビ「情熱大陸」、
テレビ東京「主治医が見つかる診療所」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」

(著書)


  • 「世界のベスト医療をつくる」(1999)(はる書房)

  • 「こんな医療でいいですか?」(増補新装版2009)(はる書房)

  • 「解病~病気から解放される生き方~」(2011)(アチーブメント出版)

  • 「病気にならない歩き方」(2012)(アチーブメント出版)

  • 「人は感動するたびに健康になる」(2012)(マキノ出版)

  • 「日本の医療危機の真実」(2013)(時事通信社)

  • 「蘇活力」(2013)(アチーブメント出版)

  • 「蘇活力 実践篇」(2014)(アチーブメント出版)

  • 「老いるほど血管が強くなる健康法」(2016)(アチーブメント出版)


南和友のホームページはこちら

閉じる

心臓血管外科

依田 真隆
(よだ まさたか)

依田

■認定・資格

  • 医学博士
  • 臨床研修指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 心臓血管外科専門医
  • 心臓血管外科専門医認定機構 修練指導医
  • 心臓リハビリテーション指導士
  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • 腹部ステントグラフト実施医
  • 血管内レーザー焼灼術指導医

■略歴

  • 産業医科大学医学部卒
  • 北関東循環器病院を経て現職。

患者様へのメッセージ

1998年 産業医科大学を卒業し、卒後3年目にドイツに渡りバードユーンハウゼン心臓センターで現・当院顧問の南和友教授の元、4年間にわたって日本では経験する事の少ない心臓移植、人工心臓植込術を含む多くの症例を経験してきました。帰国後は国内の様々な施設で研修し最高の医療を提供できるように日々鍛錬しております。
患者さんに安心して治療を受けてもらうためにチーム一丸となって診療にあたります。

閉じる

副院長

磯村 正
(いそむら ただし)

磯村

■認定・資格

  • 日本胸部外科学会指導医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本外科学会指導医
  • 日本心臓血管外科学会専門医
  • Society of Thoracic Surgeons (USA) 1992~
  • The European Association for Cardio-Thoracic Surgery 1998~
  • American Association for Thoracic Surgery (USA) 2008~ メンバー

■学会

  • 日本外科学会 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本冠動脈外科学会
  • 日本冠疾患学会(名誉会員) 他

■その他・著書

  • 治せない心臓はない 講談社 2009年6月
  • 磯村心臓血管外科手術書 南江堂 2015年1月
  • 心臓弁形成手術書[スペシャリストのコツ,技とキレ] 南江堂 2017年9月

患者様へのメッセージ

確かな技術とスタッフ間の風通しの良さが東京ハートセンターの何よりの魅力だと考えています。
7000症例近い手術経験をもとに、あらゆる情報を皆様と共有していきます。
医療技術が進んだ現在,心臓血管外科手術は、しっかりしたチーム体制で行えば、多くの場合、安全に確実に施行することができます。しかし、患者様の多くは手術が初めての経験であり、まして心臓手術となると多くの不安をもたれて望まれます。そのため、私は30年以上7000例近い手術経験をもとに手術の適応、具体的な手術法や、リスク、手術をした場合、あるいはしなかった場合の予後などを十分に説明するように心がけています。心臓血管外科手術は、技術はもちろんですが、患者様の元気になりたいという気持ちが大切で、そのためには「患者様を知る」ことが大切だと思っています。そのため、患者様との対話が常に重要です。情報を正しく共有することで患者様が安心して手術に望んでいただけると思います。
東京ハートセンターは心臓のスペシャリストが集結した高度の医療機関です。単独手術はもちろん、複雑な手術や、重症困難な症例に対しての手術も行える環境を有しています。また、他の病院で手術が必要と判断され、手術についての不安を感じる方たちへのセカンドオピニオン、緊急手術体制も充実しています。スタッフ同士の”風通し”がよく、患者様の情報を皆で共有しながら、お互いに技術の向上を行い、外科医として働き甲斐を感じています。勉強熱心な若い先生方や、多くの専門スタッフからの的確な意見から学ぶことも多く、患者様にとって安心して治療を受けて頂けるチーム医療が行える環境を作っています。 また、当センターは心臓血管の専門病院ですが、患者様の最適なQOL(クオリティオブライフ=生活の質)の向上を考え、心臓血管以外の臓器の疾患に対しては近隣の専門医療機関との協力体制を密にしています。こうした医療協力体制が整うことで心臓血管手術に際してのリスクを軽減することが可能で、患者様にとってもより良い医療を提供出来ると考えています。

閉じる

理事長

遠藤 真弘
(えんどう まさひろ)

遠藤

■認定・資格

  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本心臓血管学会・専門医
  • 日本循環器学会・専門医
  • 身体障害者・認定医

■略歴

  • 1966年
    日本大学医学部卒
  • 1967年
    インターン終了
  • 1967年
    東京女子医大・心臓血圧研究所に入局
  • 1971年
    東京女子医大・大学院卒・医学博士
  • 1973年
    講師
  • 1981年
    准教授
  • 1989年
    教授
  • 2006年
    東京女子医大・名誉教授
  • 2006年
    大崎病院 東京ハートセンター理事長就任 現在に至る

1967年、心臓外科の開祖である東京女子医大の榊原 仟教授の門下生にして頂いた。
榊原教授から、三つの命題を頂きました。
①選択的冠状動脈造影法の確立
②当時、虚血性心疾患の手術は、細々と、Vineberg手術のみでしたが、虚血性心疾患を確立せよ。
③冠動脈のアテローマを特殊な液体を開発し、アテローマを溶かす手段を考案せよ。
この三つの命題を頭に刻み、日々、努力しました。

①は、1973年に、日本初の「選択的冠状動脈造影法」の本を南江堂から出版。
この方法で、異型狭心症の多くが、造影上、有意狭窄が無いことを報告した( Circulation 1975年)br
異型狭心症の造影検査時、メサコリンを投与すると、痙攣( spasm)が生じ、完全閉塞が生じることが、
再現性をもって生じることが解りました。
世界で初めての誘発試験を報告( New Eng L Med 1976年)。

②は、1970年2月、日大の瀬在教授が自己大腿動脈を使用した冠動脈バイパスに成功。
同年6月、女子医大で、林 久恵教授と共に、内胸動脈を使用した冠動脈バイパスに成功。
同年9月、神戸大学・麻田教授が大伏在静脈を使用した冠動脈バイパスに成功。
それ以来、私は3,600例の冠動脈バイパスを施行してきた。
1995年、本邦初のMIDCAB( 小切開、人工心肺せず)、右大網動脈―右冠動脈バイパスに成功。
In situ(生きている)3本の動脈グラフト(両側の内胸動脈と右胃大網動脈)を用いた冠動脈バイパスの長期成績が
良好と報告( Circulation 2001年)。
1本の内胸動脈と大伏在静脈と組み合わせた冠動脈バイパスに比べ、2本の内胸動脈を用いた冠動脈バイパスの方
が、長期成績が良好と報告( Circulation 2001年9月)

③は、アテロームを溶かす液体としてトルエン等があるが、心筋障害を強く、とても臨床応用は出来ない。現在、まだ成功していない。
それに代わって、私が手術したスイス人が、スイス・チューリッヒ大学の、 グリンチッヒ教授が開発したPTCA用バルーン( 冠動脈拡張風船)をいただいた。1980年12月に、日本で初のPTCAに成功。
1976年、急性心筋梗塞の症例に、緊急造影をしたところ、右冠動脈が完全閉塞していた。
閉塞部位をガイドワイヤーで、ブラッシングとポッキングしたところ、再灌流に成功した。1979年のレントロップ先生の発表より3年早かった。

■その他


  • 第3代 日本冠疾患学会理事長

  • 第7回 日本心血管形成術研究会・会長

  • 第4回 日本冠疾患学会・会長

  • 第5回 日本冠動脈外科学会・会長

■特許


  • 特許第270115号(一時的ペーシング機構付排液ドレーン)

  • 実用新案第2016949号(体液あるいは補液の流量装置)

  • 実用新案第260086号(カテーテルシース止血用栓)

■賞


  • 1971年 日本医師会医学助成賞

  • 1995年 第25回成人病研究助成賞

  • 2002年 第50回 日本心臓病学会 外科部門最優秀論文賞

■論文・著書


  • 自著・筆頭論文 290編(英文 49編)

  • 共著論文 899編

  • 単著3冊、 共著 126冊

■手術・術者

東京女子医大在任中に 4,100例(冠動脈バイパス3,600例)

閉じる

心臓血管外科 医長

吉田 稔
(よしだ みのる)

吉田

■認定・資格

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 心臓血管外科専門医
  • 日本脈管学会 脈管専門医
  • 腹部ステントグラフト実施医
  • 胸部ステントグラフト実施医
  • 日本血管学会 血管内治療医
  • 血管内レーザー焼灼術実施医

■略歴

  • 2005年
    和歌山県立医科大学 医学部卒業
  • 2008年
    和歌山県立医科大学附属病院 入局(外科学第一講座)
  • 2009年
    済生会和歌山病院 外科
  • 2010年
    和歌山県立医科大学 救急・集中治療部助教
  • 2011年
    和歌山県立医科大学 第一外科助教
  • 2012年
    橋本市民病院 心臓血管外科
  • 2014年
    葉山ハートセンター 心臓血管外科
  • 2015年
    横須賀共済病院 心臓血管外科
  • 2016年
    現職

患者様へのメッセージ

ホームページをご覧の皆様、初めまして。吉田稔と申します。
東京の高校を卒業後、和歌山県立医科大学へと入学し、以後和歌山の地で医師としての修行を行い、2014年よりTeam磯村先生の一員として行動を共にしています。
東京ハートセンターは心臓血管に特化した専門の病院であるので、スタッフ一同非常に意識の高い集団であるとともに、総合病院とは異なる小回りの良さやフットワークの軽さが非常に際立った病院であると感じています。
心臓手術、血管の手術および低侵襲手術、ステントグラフトでの治療、重症心不全の外科手術と、治療は多岐にわたり対応可能となっており、北は北海道、南は沖縄から飛行機に乗って来られる方も数多くいらっしゃいます。
病気の状態、背景、住んでいる土地が全く異なり、今の時代においては一人一人の方に合わせた治療が望まれており、当院においては専門病院ならではのチームワークにより入院から退院後までの全期間においてのサポートを行っています。
また、地域連携室を中心とした地域の病院との連携も非常に大事にしており、術後安定されている方には地元の先生との連携を取りながらフォローをさせて頂いています。
昨今、心臓病についてもテレビ等で様々な情報があふれており、多くの心配事を抱えた方からも外来にて相談を受ける機会が増えたと思います。
心臓、血管のご病気で心配な際にはお気軽にご相談いただければと思います。

閉じる

心臓血管外科 医長

宮﨑 卓也
(みやざき たくや)

宮﨑

■専門分野

  • 低侵襲手術一般 ( minimally invasive cardiac surgery )
  • 成人心臓血管疾患 ( adult cardiovascular diseases )

■認定・資格

  • 日本外科学会専門医
    ( Board Certified Fellow of the Japanese society of General Surgery )
  • 日本心臓血管外科専門医
    ( Board Certified Fellow of the Japanese society of Cardiovascular )
  • 胸部ステントグラフト実施医
    ( board certified member of the Japanese committee for thoracic stentgraft )
  • 腹部ステントグラフト指導医
    ( board certified member of the Japanese committee for abdominal stentgraft )
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術実施医
    ( board certified member of the Japanese committee for endovenous laser treatment -JEVLT )

■略歴


  • 順天堂大学医学部卒業
  • 2004年
    順天堂大学医学部付属静岡病院 初期研修
  • 2006年
    東京都立墨東病院後期研修 外科シニアレジデント
  • 2009年
    イムス葛飾ハートセンター 心臓血管外科
  • 2012年4月
    現職

患者様へのメッセージ

患者様が手術を受けることが怖く感じるように、手術をする方もとても怖いです。
その恐怖を克服するために何度でも、何度でも試行します。
本当に喜んで頂ける結果こそが私たちに求められている事だと思います。
そんな”ストーリー”を患者と伴に共有して行きたいと思います。

Just as Patients are scared of receiving the surgery, So Surgeons are scared of performing that.
Therefore we must think carefully again and again and again, to overcome the fear.
We realize that the result that patients are really pleased is what is required of us.
We hope for sharing such a crucial “STORY” with patients from the bottom of our heart.

閉じる

心臓血管外科部長

廣田 真規
(ひろた まさのり)

廣田

■認定・資格

  • 日本心臓血管外科学会認定 修練指導者(終身認定)
  • 日本外科学会指導医
  • 日本循環器学会専門医
  • 胸部ステントグラフト指導医
  • 腹部ステントグラフト指導医
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術 実施医

■略歴

  • 岡山大学医学部卒
  • 町田市民病院 心臓血管外科部長を経て現職。

閉じる